ゲーム進行



■灰被り姫の憂鬱とは…※画面はダミーです。←タイトル(メニュー)画面
 主人公、『逢瀬甲斐』は、その全寮制の
学園にいる、普通(ちょっと変わっているか
も)の学生。
執行委員の『柏木桜子』とは、かつて恋人
未満の関係だった。
 甲斐にとって、ここでの2度目の夏がや
ってくる。
また、灰被り姫の儀式が始まろうとしていた。
甲斐のクラスでは、3人の灰被り姫の候補が
選ばれていた。
須磨翠璃、七重五月、御堂絵梨。

 彼女たちを中心にストーリーは動き出す。
・最初から(ゲームがスタートします)
・続きから(LOADしてスタートします)
・CGモード(今までに見たCGを観られます)
・回想モード(今までに見たHシーンを鑑賞できます)
・システム(各種設定を行えます)
ゲームスタート
■ゲーム内の期間は約一週間です。


■主に移動はMAPで行います。
(これにより無駄な移動を省きます)
プロローグ (一日目)
舞台設定及びキャラクター紹介
●用語解説
■執行委員会
 この学園を事実上支配する組織。絶対的な権力を持ち、学園の規律を乱した者に死の制裁を与える。学園の敷地から一歩でも外に出た者を脱走とみなし、グランドの鉄棒に吊り下げて処刑する。
彼女たち、 (執行委員は女性のみ)は、全員、灰被り姫の儀式で選ばれている。

■灰被り姫の儀式
 一年に一度行われる執行委員を選抜する儀式。クラスで一名の女子を灰被り姫として任命し、クラスの全員が徹底した陵辱を与える。無論、儀式に参加しなかった者、拒否した者は処罰(処刑)の対象となる。
ただ、過酷な儀式なので以後の性格が一変する場合がある。灰被り姫は儀式の終了時、任意の一名を無条件に処刑する権利を得る。

■隔離病棟
 執行委員になれなかった、灰被り姫達が収容されていると言われている。

■外出禁止時間
 午後11時〜午前6時の間は、部屋から外(廊下含む)に出ることが禁止されている。
理由は明らかにされていないが、化け物に殺されるという噂がある。
■ここでより臨場感を増すために、舞台や状況を克明に伝えます。
ストーリーの進行 (二日目〜三日目)
各ストーリーのフラグが立ちます。
■複雑に絡み合ったストーリーの中で、主人公が取る行動一つ一つによって様々なストーリーへと展開していきます。
ストーリーの分岐 (四日目)
ここから各ストーリーへと展開していきます。
■ここから10通りものストーリーへと分岐していきます。各ストーリーはどれも同じくらいHシーンの充実した内容で展開していきます。



10種類のストーリー展開



各ストーリーの進行(五日目)
ここでメインのHシーンが展開されていきます また、ストーリーも深く進んで行き、謎も明らかになっていきます
灰被りの儀式(六日目)
物語の最大の見せ場である、”陵辱儀式”が始まります

■儀式の一部



各ストーリーへのエンディング
謎が明らかになったり、意外な結末へとたどり着いたりと、多岐にわたったものとなっています


■エンディングも勿論10種類あり、それぞれ全く違った結末となっていますので
何度も楽しむことが出来ます



CNext